しあわせの子宮足つぼについて

「足が変われば、体も変わる」

それがコンセプトのone de mayu +独自の足つぼ

「しあわせの子宮あしつぼ」。

それは、足を彫刻するように刺激し、足の形(状態)を整える施術です。

なぜ「彫刻」なのかというと、

足は、体の縮図だから。

 

足のウラには、あなたの体、そのものが存在しています。

両足をくっつけて足を伸ばして座ってみてください。

あなたの頭から骨盤までがそのまま、足うらに投影されています。

 

たとえば、あなたの足の指は、あなたの頭、指のつけ根は肩。

かかとは、骨盤(生殖腺)です。

足のウラに投影された、この内臓の分布は「反射区」と呼んでいます。

足うらに、あなたの内臓が投影されているということは、

足うらを見れば、あなたの内臓の調子がわかるということ。

だから、不調を感じる内臓の反射区をケアしてあげるのです。

ケアを続けることで、内臓が元気になります。

このように、あなたの体をコントロールできる場所、それが足うらなのです。

そんな大切な場所である足ウラ。

実は、重力にしたがって、たくさんの老廃物がたまっているんですよ。

不調のある足うらは、老廃物がたまって、大きいんです。

それを、「彫刻」するみたいにケア。

そうすると、足うらが小さくなります。

これって、老廃物が減ったという証拠。「足うらが小さくなり、形が変われば、体も変わる」

彫刻で、「キレイな足の作品」をつくりましょう。「しあわせの子宮あしつぼ」って、アートなんですよ^^

作品ができたとき、あなたの体はもっと元気です。

そんなあなたは、今よりもっとしあわせです。